当サイト人気記事

 

妊娠中の脱毛なNGなわけ

妊娠中の脱毛はほとんどのサロンでNGとなっています。

 

妊娠の事実に気付かずに、施術を受けてしまって焦った経験のある人も少なくないようです。

 

妊娠中の脱毛はホルモンバランスの変化が脱毛に影響を与える

そもそも、なぜ妊娠中の脱毛がいけないのかというと、胎児への影響を懸念しているわけではありません。胎児に影響が100%ないとは言い切れませんが、それよりもホルモンバランスの崩れが問題のようです。

 

ホルモンのバランスが崩れることで、脱毛してもまた生えてしまったり、逆に毛が濃くなってしまったりする可能性があるのです。また、皮膚が通常よりも敏感なことも多く、肌トラブルの原因ともなりかねません。

 

そこで、妊婦への脱毛はNGとしているのです。

 

妊婦や胎児の安全を考えてると施術はしない方が安全

しかし、それは建て前で、サロンの本当の理由とは、妊婦や胎児に何かあった時に責任が取れないからなのです。

 

脱毛だけでなく、妊娠中の使用は医師の判断を仰いでくださいという免責事項や注意事項の明記された健康食品や美容薬品なども多くあります。それらも、責任の問題のようです。

 

通常、妊婦とその胎児に影響がどう出るかという実験を行うことは限りなく不可能です。そのため、脱毛行為が妊婦、胎児に100%リスクがないとは言えないのです。

 

そういったことから、脱毛サロンでは基本的に妊婦への施術はNGとしているのです。

 

妊娠の可能性があるときは、回数無制限のプランに申し込むと安心

それでは、妊娠の可能性があるけれど、脱毛をしたい場合の施術は諦めるしかないのでしょうか。

 

最近は各サロンも施術中に妊娠が判明したときの対応はとても充実しています。申し出れば施術を延期してくれるところもありますし、出産してから残りの回数分脱毛できるというところもあります。予定があるときは契約時にきちんと確認しておくと安心ですね。

 

または、妊娠前と妊娠後で思い切って脱毛サロンを乗り換えするのも一つですよね。

 

脱毛サロンを選ぶ際は、こういったことにも注意する必要があるのです。

更新履歴